×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

車辞典

中古車の購入

 中古車を購入する場合には、どのような方法が考えられるでしょうか。一昔前なら町の中古やさんか、ディーラーの中古車センターでしょう。そしてその情報を載せたチラシ類が知るすべでした。その後、それらを扱う中古車情報誌が主役を演じ、今では大手中古車センターが台頭し、買取専門店がその購買力を生かして販売にも力を入れ、情報はインターネットや携帯、スマホが有力な手段になっている。

 どうしても欲しい車種がある場合や、希少車種を探す場合は専門店なども候補になるが、一般的に中古車を購入する場合は、新車を金銭的な理由で購入出来ないか、新車を購入する意味を見出せないか、という方が多いと思われます。つまり、新車を購入するより買い得感が、しかも圧倒的な差がないと意味がなくなってしまう。

 当然クルマは家や土地などの不動産と違い、発売から年数が立てばたつほど車両価格は下がる。古いクルマは安く買える。しかし、機械ものである以上そう古いクルマは実用的ではないし、現に市場には出回らない。したがって、通常の使用に適する範囲としては3〜5年ぐらいが適当ではないか。これくらいなら国産車はまだまだ十分走れるし、装備も新車と変わらないぐらい充実している。価格も新車価格の半額程度以下になり、買い得感も大きい。

 具体的な購入方法として、現行型の年式落ちを狙う方法と、一つあるいは二つ前のモデルを狙うかに分かれると思います。

 「現行型の年式落ちを狙う方法」

 ホンダ フィット 1.3Gスマートセレクション 新車価格132万円  一番るレス時のグレードと思われます。  これがH22年式の同じグレード は、程度にもよるが、55〜65万円になる。2年落ちぐらいなら程度や走行距離も問題ないレベルだ。装備も基本的には同じはずだ。このクラスだと、一つ前のモデルでも10万円ぐらいの差しかないので、このくらいの年式が一番あっていると思います。     

「一つ前のモデルを狙う方法」

 トヨタ ハリアー 4WD 240G 新車価格291,9万円  一度派乗って見たいRUVだが、なかなか手を出せない価格だ。   一つ前のモデルでH18年式の同タイプは、136万円。新車のコンパクトカー並みの予算で買える。これこそ中古車を購入する醍醐味である。一つ前のモデルと現行型の差がどこか、実際に所有している人以外には、知ってる人も少ないはず。

クルマの走行性能や装備は10年くらい前の仕様でもまったく問題ないのが現状。しかも今ほどコストダウンを厳密に行っていないので、個性あるデザインや凝った作りの内装などが豊富だ。新車も変えがたい魅力があるのは認めるが、1ヶ月もすれば新車でも中古車でも変わらないはず。単に見栄だけなのだが、日本人にはこれが大事らしい。中古車こそ究極のエコカーだと思うのだが。

新車の値引きや中古車価格情報のThe車com車に関する検索・リンクサイト。地域・カテゴリーごとの検索も可能。メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。
CAR&BIKE NAVI自動車とバイクの情報サイトCAR&BIKE NAVI。このサイトは自動車とバイク関連サイト専門の検索サービスです。車又はオートバイに関連のあるHPをお持ちの方なら、どなたでも登録可能です。
車の購入に関する総合情報新車の値引き情報や中古車の購入・買取査定情報、カーリース、自動車保険など自動車の購入に関わる情報を発信中。
新車の値引きと中古車の買取情報自動車の最新ニュースや新車値引き情報、中古車の価格相場や買取価格ほかカーリースやカーシェアリングなど自動車に関する情報を網羅。

中古車の見極め

中古車を購入する際に、一番苦慮するのがこの見極めの仕方であり、この為中古車購入を諦めてしまうこともある。中古車とはいえ何十万円からの支出であるから、慎重になることはけっして悪いことではない。とことん悩んでいいはず。しかしいつかは決断しなければいつまでたっても変えないのも事実。

大前提として覚えていてほしいのは、当たり前の話だけど自己責任ということ。良くある話で、「だまされた」「あの一がいいと言ったから」「おかしいと思ったのに」「無理やりかわされた」「他に安いのがあった」など。押し売りは出来ない商品なのkで、十分な時間があり、検討も好きなだけ出来るのになぜかこんな声が聞こえる。もちろん中には立ちの悪い業者がいるかも知れないが、まず、そこを選んだのは誰か、その人を信じたのは誰なのか。安くて程度が良くて、なるべく新しいクルマを求めたのは誰だったか。

クルマのことを良く知らない人は、自称クルママニアの人を便り勝ちですが、中古車を購入する場合はまずここから改めてはいかがでしょうか。一番トラブルの元になりがちなのです。「クルマ屋に知り合いがいるから」というのが一番たちが悪かったりする。通常それはそのクルマ屋さんでクルマを買ったことがあるだけの関係であり、「紹介料」などの、なんらかの利益関係があったりする。しかも他店に見に行けない状態になり、不満や不都合があっても言い辛かったりする。そしてけっして自分が満足するクルマは手に入らないでしょう。

クルマ通の一は自分のポリシーで頑張る事が楽しいので、失敗しても自分で納得してるはず。それ以外の方はまずリスクを酢押しでも減らしましょう。とりあえず信用出来るお店選びから始めましょう。

「店舗選び」
なるべくお住まいになってる地域の中でえらびましょう。近くの店舗ならなにかと便利ですし、あとあとのアフターフォローも来てもらいやすいし、行きやすいのは重要です。いくら安いからとめったに行かない地域や、遠方は避けたほうがいいでしょう。 そして、リスクを減らすには実績のある大手や地元で永く営業している店舗は外せません。数多くの在庫車から選べる大手は魅力的ですし、信用ある商品は生命線です。また、地元で永く営業されてるお店も、品数では大手に劣りますが、気に入ったクルマがあればお付き合いして損はないし、なのより実績があるから、永く地元に定着出来るのですから。 もう一つ。メーカー系の中古車センターも捨てがたいでしょう。そのメーカーの車種が多いと思いますが、自銘柄ならではのアフターフォローが期待できますし、メンテナンスも安心感が違うでしょう。長期の保証も魅力でしょう。

「車種選び」
カタログ通りのクルマが届く新車と違って中古車はそのクルマ一台だけの商品。まず現物を選ばなくてはいけませんが、中古車選びのポイントをマニアックにならずに説明しましょう。

(年式と走行距離)
明確に表示されていて一番判りやすいのがこれ。機械物ですから、年式が古く、走行距離が多いほど価値が下がり、価格が安い仕組みです。予算で照らし合わせるとどこかで妥協せざるをえませんが、年式が新しくても距離を走ってるクルマより、多少年式が古くても走行距離が少ない方をお勧めします。モデルが一つ古くなるかも知れませんが、中古車を買うのですから、多少新しくても新車と比べればなんの意味もありません。

(仕様)
これは近年になって出てきた仕様のことで、まだ台数は少ないかも知れませんが、HYBRIDやアイドリングストップなどの最新技術を選ぶかどうかです。今のところクルマも新しく、技術的な問題はないと思いますので、予算に合えばOKでしょう。燃費が良くても購入費用が高くて、ほんとに得なのか?という疑問は、中古車なら解決するのではないでしょうか。むしろ積極的にお勧めしたい。但し、メーカー系中古車センターで選ぶほうが安心でしょう。

もう一般的になったものにCVTというミッションの種類がありますが、これも積極的に選んだほうがいいでしょう。特にコンパクトカークラスは他の3ATや4ATといったものより燃費や走行性能に格段に差が出ます。

安全面でいえば、運転席と助手で気のSRSエアバックとABSは必須。古いクルマはメーカーオプションとなっている物が多く、意外なクルマが非装備だったりするのでご注意を。

(タイヤとバッテリー)
これは磨り減ったり、状態が悪ければれば交換してあるのでクルマの状態を調べるポイントにはなりませんが、3年以上経過しているクルマなら、交換直後か、購入時点で新品を付けてくれると、あとあとの出費が大きく違います。しつこいくらいに確認しましょう。

信頼できる店舗が見つかれば、以上のポイントを抑えればいいでしょう。但し、新車ではないので、不具合があってもクレームを付けるのではなく、事前に保証内容を確認して、積極的に相談しましょう。

The値引き-自動車・新車-新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
新車の値引き額は日々刻々と変化します。現時点での見積もりを取ることこそが最新の値引き情報と言えるでしょう。
自動車の価格と値引きガイド新車の値引き情報や中古車の選び方、下取り・買取査定に出す場合の注意点など
中古車購入や値引き情報のThe自動車新車値引きや中古車・買取査定情報、自動車保険・新型車・燃費などに関する総合情報ページ。
新車は当然誰も乗っていない自動車で、同じ車種、同じグレードなら品質も同じです。値引き交渉の要素を除けば価格も同じですので安心して買えるのが特徴といえます。
CarInfo〜新車値引きや中古車の情報〜各種自動車・車種ごとの特徴やコンセプト、値引き情報・中古車情報など中古車の買取価格を高くする方法買取・下取り・査定に関する情報を集めたスペシャルサイト


Powered by "Naruse Contents Planning"   車リスト kaede.sakura.ne.jp/~net/